ボドツナ! ブログ

非営利団体「ボドツナ!」のイベント開催報告やボードゲーム紹介

子供の貧困支援はいびつで偏っているから、マーダーミステリーを作ってみました

子供の貧困支援はいびつで偏っているから、マーダーミステリーを作ってみました

マーダーミステリーというゲームのシナリオを作りました!

ボドツナの活動と全く関係ないと思えるゲームシナリオの作成ですが、いくつかの狙いを持って作成しましたので、意図を書いていきます

子供の貧困支援はどうなっているのか

コロナ過による収入減少の状況もあり、シングルマザーや収入が無くなった若者への食料支援、役所などでの生理用品や食品の支給など、食料やお金の支援は広がりを見せているように思います。

食べるものもない、家賃も払えない。その様な状況では、安心して暮らすことができません。
食べることにも事欠くようだと、心は卑屈になって何もかもやる気を失います。

その苦難や問題を訴え、直接的な支援活動が増えたことは、とてもいいことだと思います。

腹はだいぶ満たされた。でもその先に・・・

直接的な支援が増えるのはイイことですが、与えてもらい続けるだけでは、子供の貧困の現状は変わりません。

直接的な支援を続けながら、自立を促す仕組みが必要です。
このような話をすると、

至れり尽くせりの支援をしなければいけないのか?
貧困に陥ったのは、当人の努力不足や自己責任じゃないか!

と、自己責任論を持ち出されることが多々あります。
ですが貧困に陥った状態では、どうしたら今の状況が変わるのかさえも、よく分からないことがあります。

知識や経験、社会の形を知る機会が不足しているのです。

私が思う自立を促す仕組みは、社会の形を知ろうと興味を持てる投げかけをすることです。

私が初めて20歳の時に買った車は、排気量2000ccを越える車でした。5月に5万円を超える自動車税の支払い状が届き、「こんなに払えない・・・」と泣く泣く手放しました。

その時に「軽自動車なら税金が7400円で済む」ことも知りました。

税金が安い軽自動車にしておけば、車を手放すことも無かったかもしれないと思いましたが、当時の私には、自動車税について事前に知ることが出来なかったのです。

些細なことですが、自動車税の仕組みも社会の形の一つです。そして、このような些細なことを、聞いたり知ったりできる場所があれば、今の状況を変えるヒントを得られると思うのです。

中学校3年生になり、高校どこ行くの? 将来どうしたいの?といきなり将来のことを決めろと言われても、社会がどのようになっているのかよく分からないと、答えようがありません。

小中学生、高校生の子供たちが将来の夢を持ち、目標を持つキッカケのある場所が必要です。

マーダーミステリーのシナリオを作った理由

どんな事をしたら、自立のキッカケになるかを考えてみました。

自治体の支援制度や、職安の就職支援を案内することは、自立を促すきっかけになると思います。職業訓練施設を案内することも、自立を促すきっかけになるでしょう。

ですが就職支援や訓練を受けようとする意欲を沸かせることが、ボドツナの仕事です。ボドツナらしい、将来への希望を示す活動をしたい。

そう考えながらTwitterを見ていたら、ボードゲームの作成についてのツイートがいくつも目につきました。

ボードゲームを作成し、クリエイティブなモノを世の中に送り出す体験ができると、夢や目標を持つきっかけにならないだろうか

まず一つ見本となるものを作ろうと考えたのですが、ボードゲーム作成は時間と手間がかかります。サンプルが直ぐには出来上がりません。

そこで、ボードゲームと親和性のあるマーダーミステリーのシナリオを作ることにしました。

マーダーミステリーは登場人物の一人になり、物語中に起きた事件を解決していくゲームです。大筋のシナリオと、犯人を特定していくギミックの作成が必要です。

シナリオは知り合いの作家Beckさんに、ゲームのギミック監修を夏雪さんにお願いして、作成に取り掛かりました。

更に動画化してプロモーション

更に、作成したマーダーミステリーの演劇部分を本当の役者さんに演じてもらい、動画化しました。

スタジオを借りて撮影をして、動画編集は自分で行っています。

ここまででも、シナリオ作家、役者、カメラ、照明、編集と、関わる仕事がいくつもあるのです。

ゲームや動画を作成は、全員で協力して作り上げたものが形に残ります。クリエイティブをする体験は、自己表情の方法であり、楽しみながら社会を知る経験になると思います。

作成した動画はこちら

もう一つの狙い、エンタメの可能性

マーダーミステリーシナリオと動画の作成には、狙いがもう一つあります。
それは役者さんとと作家さんに新しい表現の場所を作ることです。

コロナ禍で、今も役者さんは舞台出演が制限されて、表現の場を失っています。
動画が舞台以外の表現場所になれば、役者さんの可能性が広がるのではないでしょうか?

そして作家は、未だに何かの賞を取って文壇にデビューする以外に、生計の立てようがありません。シビアな実力勝負の世界と言ってしまえば、それまでかもしれませんが、ミュージシャンがCDを出さなくてもブレイクできる時代です。

作家の売り方も、フリーで作品を買いて世に出す。動画やプロモーション動画を作るなど、賞を取る以外の売り出し方があるのではないかと思うのです。

いろいろな思惑と夢を込めたマーダーミステリーシナリオとプロモーション動画です

シナリオは、未来ある子供たちや若者、役者さんや作家さんへの寄付だと思ってご購入いただけると幸いです

↓ここをクリック↓

↓ボドツナの詳細はこちら↓

Hits: 9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です