ボドツナ! ブログ

非営利団体「ボドツナ!」のイベント開催報告やボードゲーム紹介

コミュニケーションの取り方は、ビジネス書読むよりもアロママッサージを学んだ方が良い

コミュニケーションの取り方は、ビジネス書読むよりもアロママッサージを学んだ方が良い

9/4に2回目のアロマハンドマッサージ体験×ゲーム会を開催しました

アロママッサージ体験を提供していただいたのは、レインボースマイル湘南の りーさんです

りーさんはアロママッサージ教室も開催されているのですが、アロマを使う狙いを伺えたので書いていきます

アロマの香りはみんな好き

アロマオイルは植物や柑橘物などから抽出されたオイルです

抽出した植物由来オイルで、手や全身をマッサージするのがアロママッサージになります

オイルを抽出する植物によって香りや感じ方が違ってくるのです

サンリズムは柑橘系の香りで、陽気で活動的に、ラベンダーはすっと気持ちが落ち着く香り、アースリズムは森林のような自然な香りです

柑橘系だと陽気で楽しく、ラベンダーは安定した睡眠、アースリズムだと緊張からの解放、選んだ香りで、自分が欲してる癒しが分かるそうです

私はサンリズム(柑橘系)を選びました。毎日楽しく過ごせるように考えているのでしょう 笑

マッサージしながら大事なこと

オイルを塗って手をマッサージしてもらう間はやることがありません。自然とりーさんとのおしゃべりタイムです

夏休みのアロマ教室の様子を聞いてみたら、親子で参加されてにぎやかだと言われていました

アロマの香りで気持ちがほぐれると、いつもよりおしゃべりになるのかもしれません

また、お子さんが大きくなると、自然と肌の触れあいは少なくなります

アロママッサージは手にアロマオイルを塗りこみながらマッサージをしてもらいます。文字通りスキンシップを取りながら、香りでリラックスして、コミュニケーションを取れるのです

りーさんは、親子で向かい合ってできるアロママッサージが、家庭内のコミュニケーションツールとして最適だと考えて、アロママッサージ教室を開催されているのです

子供が大きくなると、「アレしろコレしろ」と親から一方的なコミュニケーションは成り立たなくなります。

双方の言葉や考えをキャッチボールするコミュニケーションが求められます

親子でアロママッサージをすると、気持ちも落ち着いて、自然にコミュニケーションが図れます。

アロママッサージは優れたコミュニケーションツール

アロママッサージは、それほど難しくないそうで、最悪マッサージせず、塗り込むだけでもいいそうです。5分ほどの短時間でできて、香りは持続します

アロママッサージは、アロマオイルがあれば家庭でも試すことが出来て技術も要らないのです

いじめや家庭内暴力などの問題の原因は、コミュニケーションの不足だとおっしゃる、それっぽい専門家がいます

でも、じゃあどうやってコミュニケーション取るのって話になると、傾聴するだの相槌を打つだの技術の話がほとんどです。

正直私は表面上のコミュニケーションの技術を伝えても、コミュニケーションが何なのか、を難しくしているだけのように思います

そんなに難しくしなくていいのです。コミュニケーションのきっかけになり、コミュニケーションを助けてくれるツールがあればいいのです

それがアロママッサージです!

最初のうちは、これらの助けを借りながらコミュニケーションを取ればよくて、数打って慣れたら、傾聴も相槌もできるようになります

年頃の子供がいるお家や、家族の時間が減っていると感じているなら、ぜひアロママッサージを試してみてください

ボードゲームもアロマに負けないコミュニケーションツール

アロマと同じくらい、コミュニケーションを取れるツールがボードゲームです

ゲームとして勝ち負けを競うゲームや全員が協力して同じ目的を達成する「協力型」のゲーム、プレイヤー同士でコミュニケーションを取りながら進めるパーティーゲームなど様々な形でコミュニケーションを取ることが出来ます

アロマ体験ができるボードゲーム会は、これからも開催していきますが、その他の企画も用意したいと思います。みなさまお気軽に遊びに来ていただけたら嬉しいです♪

↓レインボースマイル湘南はこちら↓

↓ボドツナの詳細はこちら↓

Hits: 7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です