セールスディレクターのブログ

セールスの事と、車のお得な買い方、売り方

損をしない車の売り方⑦~会社を呼んだら注意すること~

損をしない車の売り方⑦~会社を呼んだら注意すること~

こんにちは、車ウリ買いエージェントの長山です。

前回までは、買取店を呼ぶまでの注意事項を書いていきましたが、
今回はいよいよ、買取店が来た時の対処法です。

状況を整えて買取店を呼んだら、高額買取まであと一歩です。
これから書いていく注意点を、覚えておいていただければと思います。

駐車場所を確保しよう

買取店は、東京や大阪のど真ん中以外は、どこの会社も営業車でやってきます。査定員は1日に2件、3件と回らないといけません。そのためには、動きの融通が利きやすい、車の方がいいのです。

ところが、3社もやってくると、車を止める場所に査定員は苦労します。
ましてや8社同時とか、ほんとに車止めるだけで一苦労。
お客様の車にいい値段をつけよう、なんて気力は削がれてしまいます。

とは言っても、その日のために駐車場を借りるまでは必要ありません。契約している駐車場で、周りが日中帰ってこないと分かっているなら、そこで大丈夫ですし、住宅街でご自宅の前の道が広ければ、路上駐車させても大丈夫です。

要は、査定員が乗ってきた車を、あなたが見えるところに置かせることが重要になります。

さあ、なぜ査定員が乗ってきた車を見えるところに置かせることが重要なのでしょうか?

それはズバリ「不利益な談合をさせないため」です

遂に出してしまいました、一括買取の闇の部分、「談合」です。

談合と言うのは、土木、建築業界が公共事業の入札の時にやってると噂されてるやつですね。思いっきりやっちゃうと、逮捕されちゃうあれです。

買取業界にも、同じような談合が存在します。

一括査定でいろんな会社を呼ぶ方が増えたため、何度も他社の同じ査定員と、現場で遭遇することが増えました。

当初は現場でかち合ったら、お互い敵同志、相手を叩き、自社をアピールして、バチバチとやり合ってました。
ほんとにケンカになることもしばしばありました。
ですがケンカはしたところで、相場は決まってますので、そう金額も上げられない。

結果どうなったかと言うと、大人同士のお話し合いをしながら、折り合いをつけるしかなくなりました。これを談合と呼ぶのであれば、そうかと思います。

談合、と聞くと、良いイメージはないと思いますが、実はお客様の利益にもなる「いい談合」と、安く買いたたく「悪い談合」があります。

いい談合ってなによ

いい談合、なんて書くと、自らの悪事を正当化しているように感じられるかもしれませんが、くじけずに説明していきます。

買取店の担当者間では、査定している車をどこが一番高く買えそうか、おおよそ検討が付きます。
ですので集まった会社の中で、一番高く買えそうな会社が早々に、他社を納得させる金額を提示して終了させることがあります。

販売ルートが無く、余り金額を出せない会社でも、嘘をついてお客様の前で高い金額を言えば、買取金額は更に吊り上げることはできます。

ですが、いざ本命の会社が「じゃあどうぞ」と譲られたときに、売る当てもない車をオークション価格以上で買ってしまう羽目になったり、逆の立場になることも考えて、大抵の会社は無理をしません。

ここでのポイントは、他社が納得する金額を出さなければいけないことです。

この金額が十分に高い。ほんとに利益出るの?って疑う金額です。
まあ、安い金額だったら、みんなほしいですから。

ですのでこのような談合の場合は、お客様にも十分なメリットが出ていると思いますし、業者選びに失敗していなければ、談合されても十分に高い金額になるということになります。

問題は、悪い談合

では、悪い談合とはどのように行われるのでしょうか?
談合だから全部悪いんだよと言われそうですが、くじけず書いていきます。

悪い談合は、オークション出品でも十分に利益を見込める、ちょっと安めの金額で折り合いを付ける談合です。

どう折り合いをつけるのか?
方法は様々ですが、前の車は譲ってくれたから、今回は譲ろう。といったお話し合いや、ジャンケン、くじ引き、あみだくじetc
まあこの辺は様々です。

この悪い談合は、お客様の車の買取金額を、不当に安くしてしまいますので、何としても避けなければいけません。

悪い談合をさせないためには、常に見張っておくことです。ですので、車をご自身から見えるところに停めさせる必要があるのです。
眼を光からせていれば、ジャンケンもくじ引きもあみだくじも、そう簡単にできません。

そして、会社選びに失敗しないこと。ここが間違っていなければ、大抵は大丈夫です。

査定をしてもらうと

厳選した会社を同時刻に集めたら、査定員は車の査定に入ります。
査定は車の状態や装備の確認をしていきますが、一番注意して確認するのはは「事故修復をしていないかどうか」です。

この「事故車」という表現が、ややこしいことに事故歴を指してる訳ではないのですが、査定のことを詳しく書くと終わらないので、それは別の機会にします。
分かりやすいサイトがありましたので、どうぞこちらを
事故車の見分け方とは?初心者もできる販売店への確認方法

新車で買われてて、ぶつけたり、外装を修理した記憶が無ければ、査定の評価を気にすることはありません。

査定は集まった会社にもよりますが、結構和気あいあいと進みます。その様子を見て「談合」の心配をされる方もいらっしゃいますが、査定=車を評価することです。2,3人で車を確認しながら、修復はないことと、プラスにできるポイントとをそれぞれの会社に報告できるよう、すり合わせていっているのです。

たまに、事故車かもって不安を煽る査定員もいますが、3社も集まればおおかたそれは無視されるので大丈夫です。集まったメンツを見て、どの会社も安く買うことは、ほぼ諦めています。

査定が終わると、各社から売却時期等の聞き取りをされますので、もう車は持って行っていいことと、書類もそろっていると、見せてあげましょう。
間違いなく担当者は、テンションMAXで決裁者と話をしだします。

金額提示の方法で揉めることがある

査定が終わればいよいよ、買取金額を提示してもらい、どの会社に売るか決めていくことになります。

が、この金額提示の際に、会社間で揉めることがあります。

金額提示方法は、基本二パターンあります。

一つは各社名刺等に買取金額を書き込み、一斉に提示する「入札」パターンです。
一発勝負ですので、思い切った金額を付けてきて、会社間で金額の差が開くことも有ります。

二つ目は、金額を釣り上げていく「競り」方式です。
それぞれの会社が順番に金額を言い合って、最後まで残った会社が買い取ります。
査定担当と会社の決裁者が電話を繋いで行いますので、決裁者同士がムキになれば、金額が上がっていくことも有ります。

ここで揉めるのは、その会社で考え方が違うからです。
入札の方が、本当に欲しい会社は出し惜しみをしないから、より高い金額になる。
と考えている会社もあれば、競りのように意地の張り合いになった方が金額が吊り上がる、と考えている会社もいます。

これに関しては、会社の考え方なので、どちらでも構いません。どちらに転んでも、十分高い金額になります。
会社さん同士の話し合いでも、ジャンケンでもさせて、任せてしまって大丈夫です。

入札や競り前に確認しておくこと

入札、競りの前に、確認しておいた方が良いことがあります。

それは、「提示金額はリサイクル券、支払い済み自動車税、何かの手数料など、全てコミコミであること」です。

それを入札、競りをする全社で共有しておかないと、話がまとまった後に金額が、若干変わってしまうことがあります。
提示金額から一円も、上がったり下がったりしないと、言質を取っておいた方が確実です。

次に、入札や競り前には、ボーダーライン(最低落札金額)を決めて始めることがあります。

たまにこのボーダーラインを高めに設定される方がいらっしゃいますが、ボーダラインが高すぎると、全社が競り、入札に参加できなくなることがあります。

競う相手が少なくなれば、金額が上がる期待も低くなりますので、結果的に損をします。ですので、ボーダーラインは、前回の記事で調べたおおよそのオークション相場くらいの金額、もしくは「一番高い所に売る」とハッキリ宣言してもらえれば大丈夫です。

最後のポイント

もうここまできたら大丈夫。あなたはきっと、車を高く売ることが出来ます。

車を高く売るポイントをサラッとまとめると、
・自分の車のことを知り、
・高く買ってくれるお店を見つけ
・準備を整え、即決して売ること

そして付け加えると、「欲張りすぎないこと」です。
欲張ってたくさんの会社を呼んだり(なんとなく流れで呼ぶことも有るでしょうが)ボーダーラインを高く設定したりされると、査定員はあまりいい気がしません。

査定員に「なんかあんまり金額出したくないな」と思われてしまうと、車を高く評価して決裁者に話してもらえなくなります。

逆に素晴らしく気を使っていただけた方だと、車体の小傷などを査定で気づいても、会社に報告しないときがあります。
車を持ち帰って、店で怒られることも有るのですが、それで済むならいいか。と思えるのです。

査定員が会社を説得しやすい状況を作るのが、一番の鉄則なのです。

クルマの売り買いは「車売買エージェント」に任せよう!
車ウリ買い.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です