セールスディレクターのブログ

セールスの事と、車のお得な買い方、売り方

損をしない車の売り方④ 一括査定サイトの間違った使い方

損をしない車の売り方④ 一括査定サイトの間違った使い方

車を売ることになったけど、さて、どうしたらいいんだろう。
ネットで調べるとすぐに出てくるのが一括査定サイト

どうやって売ればいいか分からないし、手軽そうだから使ってみるか。
と思わず車の情報を入れちゃいそうですが、この一括査定サイト、安易に使ってはいけません!
あなたは情報を送って1秒後から、地獄を見ます。いやほんとに。

一括査定サイトはうまく使わないと、気力体力を消耗したうえに、安く買いたたかれる残念な結果となります。
今日は一括査定サイトの間違った使い方をご紹介します!

謳い文句を信じちゃいけません

「32秒で最高額が分かる!」一括査定サイトの謳い文句です。何かのはずみで見たことがある方もいらっしゃるかと思います。

ですがこの謳い文句、100%ウソです!絶対にその通りにはなりません。
なぜなら、買取金額が決まる構造上、絶対に不可能な話だからです。
詳しく説明していきます。

またまたでました、中古車の流れ図です。
この構造をふんわりでも理解できれば、32秒は嘘だと分かります。

車の相場を調べるためにはまず、車の正確な情報が必要です。
内容は前回も書いた
 1、車種
 2、年式(車検証の初年度登録)
 3、グレード
 4、走行距離
 5、ボディーカラー
この5つです。
一括査定サイトは車種、年式、走行距離しか入力項目がありません。
グレードがハッキリしないと、オークション結果の検索絞り込みが不十分で、金額を調べることはできません。
できたとしても「買い取り額はおおよそ50万円~100万円です」
のような、まったく参考にならない金額になります。

そして仮に、上の5つのデータがそろっていたとしても、
 →データを元にオークション結果を絞り込む。→絞り込んだ結果の中から、どれが依頼された車に近いのか、車の売れ行きはどうかを調べる→結果のご連絡。
このようにステップを踏みます。
ちゃんと調べようとしたら、とても32秒じゃ買い取り額を調べることはできません。
もし仮にすぐに出てきた金額があったとしたら、極端に安かったりして、参考にしたら必ず失敗する、適当に計算した金額です。

一括査定の恐怖~スマホのバッテリー無くなります~

一括査定サイトの恐怖はまだまだここからです。
まず登録して1秒後から始まる恐怖が「電話鳴りやまない地獄」です。

本当に、鳴り止みません。病むほど鳴り止まない。
軽く1時間は電話のコール音が途切れなくて、1週間はちょいちょい電話がかかってきますので、かなりの心構えが必要です。

なぜこんなことになるのか?
もう何度でも言います。この流れだからです。

どこの買取店でも、参考にするデータはオークション相場なのです。
だから、A社もB社もC社もディーラーも、欲しい金額は変わらないし、出せる金額もかわらないのです。
結果、「早く話を始めたモン勝ち」となるので、競うように連絡をして、1時間以内にアポイントを取り付けるように動いてくるのです。

競争が激しい首都圏であれば7社、8社と情報が流れます。8社から代わる代わる連絡が入る。本当に大変です。スマホはしばらく使い物にならないと心得ていただきたいと思います。

買取店をバラバラに呼んでも時間の無駄。むしろ最悪手。

頑張って8社全部の電話に出て、1時間おきに家に来てもらうようにしたぞ。
土日は査定でいっぱいだ!
全部の会社から見積もりをもらって決めるぞ!
こんなお客様も結構いらっしゃいました。

最終的にどうなるか?
だいたい3社目くらいで「もうめんどくせえや」と決めてしまいます。
なぜなら、「どこの会社も同じ話しかしないから」です。

何度も何度も言うように、どこの会社も同じオークション取引結果を元に金額を決めます。
ですので商談の内容は、会社が違っても同じなのです。
映画の冒頭30分だけを、何度も何度もリピートして見るようなものです。
どんなに忍耐強い人でも、3回も見ればお腹いっぱいです。

ましてやそのように予定を取られていると、どこの会社もはっきりとした提示金額を言いません。後から来る会社にちょっとだけ上の金額を言われて買われたくないからです。

それなら、とりあえず査定だけしてもらって、後から買い取り額の見積もりをもらおう。
これは更に大悪手。
どこの営業も、まともに金額を出さず、出てきたとしても、安い見積もりで決めなくてはいけなくなります。

一括査定サイトで査定に来る営業達は、エリア内で1日に3件4件と回っています。これも会社間で変わりません。時には他社の同じ担当と、まる1日同じ現場になることさえあります。もう1台の車で回った方が良いんじゃないかって言うくらい。

なので他の現場での商談や、どのくらいの金額で提示するかも、裏でお話しできちゃうのです。
一言で言っちゃうと談合なんですね。

こうなるともう、高い買い取り額は絶対に出てきません。
お休みは2日つぶれ、安く買い取られ、踏んだり蹴ったりなのです。

タダで人を使うことほど、リスクが大きいことはない

考えてみてほしいのですが、買取査定はどこの会社も無料で行っています。
タダで家まで来てくれるんですね。

でもタダだからって、大の大人を7人も8人も動かして、良いことがあると思いますか?しかも、「一円でも高く売りたい」という、ご自身の欲のために。

そのいう心根は、残念ながら見透かされます。
そしていい結果は生まないということではないでしょうか。

とはいえ、一括査定サイトにも実はいい使い道があるのですが、続きはまた今度にしましょう。

クルマの売り買いは「車売買エージェント」に任せよう!
車ウリ買い.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です